TOP > 美山のこだわり > 和の文化を知る
和の文化を知る

和の文化を知る

お七夜(おしちや)・命名

子どもが生まれた日から数えて七日目に行うのがお七夜です。
この日に命名式を行い、名前を披露します。
奉書紙に、子どもの名前、生年月日、命名年月日、名づけ親または、両親の名前を書くのが命名書の一般的な書き方のようです。
お七夜(おしちや)・命名

お宮参り

お宮参り
生後一ヶ月を迎える頃、土地神に子どもの誕生を奉告(ほうこく)し、幸せと健やかな成長を祈る儀式です。『宮参り着物』と呼ばれる祝い着を掛け、近くの神社などを参拝します。
 
正式な参拝では、父方の祖母が子どもを抱き、両親が後ろを歩きますが、両親だけでお参りする場合など、状況に応じて、誰が抱いても構わないようです。

お食い初め(おくいぞめ)

生後百日前後に離乳食の始まりを祝い、「食べ物に困らないように」との願いを込めて、ご飯を食べさせる真似事をする儀式です。
生後百日前後ということで、『百日(ももか)の祝い』とも言われます。
 
お食い初め(おくいぞめ)

初誕生祝

初誕生祝
初誕生の日に『立ち餅』『力餅』『餅踏み』など、お餅を使った儀式を行う風習があります。地域によって方法は様々で、「一生食べ物に困らないように」との願いを込めて、「一升」のお餅を背負わせる地域や、大きな紅白餅の上を歩かせる地域などがあります。
 

初正月祝い

子どもが生まれて、初めて迎えるお正月を初正月と言い、地域によっては女の子は羽子板を、男の子は破魔弓を飾ってお祝いをします。
羽子板、破魔弓ともに、子どもの『お守り』という意味合いがあります。
羽子板、破魔弓は通常、十二月中〜下旬から一月まで飾りますが、三月のお雛様や五月の鎧兜などと一緒に飾る方も増えてきているようです。
 
初正月祝い

お節句(おせっく)

上巳(じょうし)の節句~桃の節句

上巳(じょうし)の節句~桃の節句

女の子が生まれて、初めて迎える三月三日にお雛様を飾り、健やかな成長と「お雛様のような素敵な女性になれますように」との願いを込めて祝う行事です。ひなあられに甘酒に菱餅、ちらし寿司や鯛の尾頭付きなどの祝い膳、子どものお祝いの中で特ににぎやかな行事の一つとなります。
お雛様は、二月頃から三月三日過ぎ頃まで飾るのが一般的ですが、旧節句である四月三日まで飾る地域もあります。
お雛様をしまう時期については色々な話があるようですが、『お節句』とは日本の四季に根ざし、子どもの人生の節目を祝う情緒深い行事。
そうした行事だからこそ、大切にしたいのは、『季節感』など、私たち日本人が持つ豊かな感性ではないでしょうか。

端午の節句

男の子が生まれて、初めて迎える五月五日に鎧兜を飾ったり、鯉幟を揚げたりして、健やかな成長と立身出世を祈り、祝う行事です。祝い膳には、柏餅とちまきを用意し、邪気払いのため菖蒲湯に入れる風習もあります。
 
鯉幟の由来は、黄河の急流にある滝を登りきった鯉が、龍となり天に昇るという中国の言い伝えによるとも言われ、大空を優雅に泳ぐ姿に立身出世の願いが込められています。
鎧兜には、身を守る『お守り』としての意味合いや、古の武将のように強くたくましく育ってほしいとの願いが込められているようです。最近では、実在した有名武将の鎧兜を再現した飾りも多く見られるようです。
端午の節句

  • 美山のこだわり
  • 和の文化を知る
  • 美山の歩み